オウンドメディアの成長時期に合わせたキーワードの正しい選び方

  • 更新 | 2018.03.12 公開

キーワードの正しい選び方が「オウンドメディアの成長」の明暗を分けます。

オウンドメディアを成長させるため、限られた時間の中で最大限の成長を促すためには、オウンドメディアの成長時期によって対策キーワードを変えていく方法がオススメです。

大量に調べたキーワードをどうやって取捨選択していけばいいか分からない方は、私と一緒にキーワードの選び方を見てみましょう。

※この記事は、管理人が仕事で制作・運用・改善をしているオウンドメディアの体験談を元に書いています。あなたが知っている知識とは別の事が書いてあるかもしれませんが、何卒ご容赦ください。

オウンドメディアの成長時期によって対策するキーワードが違う?

オウンドメディアを始めた際、それぞれ成長を感じる時期があります。

最初はまったくアクセスも増えず、お問い合わせなどももらえない時期が続きますが、地道に良質なコンテンツの追加を続けて数カ月後にもなると、アクセスも増えお問い合わせなども、もらえるようになってきます。

オウンドメディアの成長時期によって最適なキーワード選びをした効果

※上記のGAの結果は、私が携わったオウンドメディアのアクセス数の変動になります。

しかし、オウンドメディアを運用し始めていきなり、月間検索回数が多いビックワード(約1000回以上)のコンテンツを作ろうとしても、無駄に終わってしまうことがあります。

それは、他社やライバルメディアがしっかりと時間とお金をかけて作った、ビックワードのコンテンツが検索結果の上位に君臨しているから。

これは、冒険者がLV1の状態でいきなりラスボスへ挑むようなものです。

あなたのオウンドメディアにも同じことが言えて、きちんと成長段階を踏んでから強敵に立ち向かわなければ、確実に負けてしまいます。

そのため、オウンドメディアの成長時期に合わせて、最適なキーワードを選択し、良質なコンテンツを作ってオウンドメディアを成長させていく必要があるんです。

オウンドメディアの成長時期に合わせたキーワード選び方

オウンドメディアにはいくつかの成長フェーズが存在しています。

それぞれの成長時期に合わせて、最適なキーワード選びをすることによって、あなたのオウンドメディアの成長率を高めることができるため、以下の成長時期について詳しく見てみましょう。※成長時期を子供の成長時期に見立てて説明をさせて頂きます。

  • 1日~3ヶ月目(赤ちゃん)
  • 3ヶ月~6ヶ月目(幼稚園~小学校)
  • 6ヶ月~12ヶ月目(中学校~高校)
  • 12ヶ月目~(大人)

1日~3ヶ月目(赤ちゃん)

フェーズ地盤・基礎固め
対策キーワード他社・ライバルが対策してないスモールワールド・複合ワード
方法スモールワールド・複合ワードそれぞれのコンテンツを作成

あなたがオウンドメディアを公開して1日~3ヶ月目くらいは、人間でいう赤ちゃんと同じような時期になります。

オウンドメディアが保有しているコンテンツも少なく、Googleへのインデックスもほとんどされていない状態なので、オウンドメディアの力も弱い状態。

この時期にいきなりビックワードなど月間検索数が多いキーワードを対策しようとしても、ビックワードはすでに他社やライバルたちが努力と時間を使ってコンテンツを強化しています。

地盤がまだしっかり整っていない状態でビックワードのコンテンツばかり対策し、いくら質の良いコンテンツを作ったとしても、他社やライバルメディアがあなたのコンテンツを上に行かせてくれないです。

1日~3ヶ月目の赤ちゃん時期にはまず、地盤・基礎固めを行うために、以下のことを行うのがオススメです。

  • 他が対策してない、生活者が未だ満足できていないキーワードでのコンテンツ作り

他社やライバルが対策していないという事は、それだけであなたのオウンドメディアにとってチャンスになります。

スモールワールド・複合ワードで、他社やライバルよりも生活者の満足を勝ち取ることができる部分で、まずは勝負をしていきましょう。

小さいところから生活者の満足を得られるコンテンツを作ることが、あなたのオウンドメディアの地盤・基礎固めをすることにもなり、Googleや検索エンジンに対しても確実に評価を残していける方法にもなります。

長い道のりになり大変ですが、オウンドメディアを成長させる方法に近道は一つもないため、地道にまずは続けていきましょう。

1日~3ヶ月目(赤ちゃん時期)で気をつけることソーシャルメディアやSNSによって拡散されれば別ですが、1日~3ヶ月目はいろいろ施策を打ってみてもコンテンツを作ってみても、アクセスがなかなか増えない時期です。
不安になってしまい、「コンテンツを大量に追加すればいいのではないか」といった気持ちになってしまいがちですが、低品質なコンテンツをいくら作ったからといって、何も利益は生まれません。
一つ一つ良質なコンテンツを作り、地道に進めていきましょう。

3ヶ月~6ヶ月目(幼稚園~小学校時期)

フェーズ継続的な良質コンテンツの作成
対策キーワードスモールワールド・複合ワード
方法スモールワールド・複合ワードそれぞれのコンテンツを作成

私が今までオウンドメディアの制作・運用・改善を行ってきた体感値からいうと、コンテンツを追加してから2~3ヶ月後になって、該当ページが検索結果の上の方に出てくるようになり安定して生活者の訪問が得られるようになっています。

オウンドメディアの初期にしっかりと良質なコンテンツを作り続けていたら、3ヶ月~6ヶ月目である約半年後にはだいぶアクセスも増えてきていることだと思います。

地盤や基礎も固まってきたころなので、検索エンジンもあなたのオウンドメディアに対してそれなりの評価をしてくれている時期です。

しかし、あなたのオウンドメディアは成長の真っ最中のため、少しアクセスが増えたからと言って、コンテンツ作りに気を抜いてしまうと、他社やライバルに差をつけられてしまいます。

アクセスが増えてきたとしても、スモールワールド・複合ワードで、しっかりと一つ一つ良質なコンテンツ作りを継続しましょう。

3ヶ月~6ヶ月目(幼稚園~小学校時期)で気をつけること3ヶ月も過ぎれば、あなたが作成してきた良質なコンテンツが評価され、アクセスが右肩あがりになっていることだと思います。
その右肩上がりも気を抜くとすぐに緩やかな成長へと変わってしまうので、気を抜かずに1日1日ずつ丁寧にコンテンツを作っていきましょう。

6ヶ月~12ヶ月目(中学校~高校時期)

フェーズビックワードへの挑戦
対策キーワードビックワード(下位のものから)・スモールワールド・複合ワード
方法ビックワード・スモールワールド・複合ワードそれぞれのコンテンツを作成

オウンドメディアを始めてから約半年を過ぎたあとは、それなりに良質なコンテンツも溜まって、検索エンジンにも多くインデックスされている時期になります。

地盤と基礎を固めてきたので、この時期からいよいよビックワードへの対策も行っていける状態になっています。

ビックワードといっても、ビックワードの中でも下位のものから順番にコンテンツを作っていき、良質コンテンツの補充を進めていきます。

それと並行して、今まで通りスモールワールド・複合ワードの対策も進めていきましょう。

ビックワードで生活者の満足が得られるコンテンツが作れればアクセスが増えますが、生活者からの反応が高いのはスモールワードや複合ワードの方が高いので、お問い合わせ・購入などにも繋がります。

ビックワードの対策をしていく時期に入りましたが、スモールワールド・複合ワードも忘れないことが大切です。

6ヶ月~12ヶ月目(中学校~高校時期)で気をつけることこの時期になると、地盤・基礎固めができているので、新しいコンテンツを追加すると、早めに検索の上位に表示されることも出てきます。
あなたのオウンドメディアの評価も高まってきていますが、他社やライバルもあなたと同じく良質なコンテンツ作りを行っています。
気をぬかずにこのまま進めていきましょう。

12ヶ月目~(大人時期)

フェーズさらなる発展を目指して。
対策キーワードビックワード・スモールワールド・複合ワード
方法既存コンテンツのキーワードの分析を行い、生活者が求めているキーワードのジャンルや傾向を調べる。解析を元にさらに各キーワードでのコンテンツを作成。

あなたがオウンドメディアの運営を始めて1年も経てば、良質なコンテンツも増えて、アクセスも当初の2~30倍になっていることもあるかと思います。

アクセスが多く集められるようになったため、「次に進むための方法が分からない」「時間に余裕が出来てきた」こういった状況があなたに生まれているかも知れません。

オウンドメディアの運営当初は色々不安になったりヤキモキしたと思いますが、ここからが更にあなたのオウンドメディアを成長させるフェーズに入ってきます。

次は、以下のことも一緒に対策していくと、更に成長スピードを上げていけます。

  • 既存コンテンツのキーワード分析

既存コンテンツのキーワードの分析を行い、どのキーワードのジャンルが多くアクセスを獲得しているのか、どのキーワードが生活者の満足を勝ち得ているのか。

対策キーワードをオウンドメディアの成長時期に合わせて変えてきましたが、それはかなり大まかな選び方であったため、この1年間で対策したキーワードの傾向を改めて調べることで、生活者が求めているキーワードのジャンルが見えてきます。

分析で見えてきたキーワードも使い、さらにオウンドメディアの成長を促進させましょう。

12ヶ月目~(大人時期)で気をつけること気持ちや時間にも余裕ができる頃なので、他のことにも目を向けがちになりますが、継続的な良質コンテンツの作成は止めてはいけません。
他社やライバルも同じく良質コンテンツを作り続けているので、あなたが止まればすぐに追い抜かれてしまいます。
オウンドメディアの運用をするには、継続的な良質コンテンツ作成が必須なことを、改めて覚えておいてほしいです。

オウンドメディアの成長時期によって最適なキーワード選びをした効果は?

オウンドメディアの成長時期に合わせて、最適なキーワード選びを行い、コンテンツを作っていった結果、私が携わったオウンドメディアは以下のような成長を見せてくれました。

オウンドメディアの成長時期によって最適なキーワード選びをした効果

まったくアクセスが無かったころからと比べると、一気にアクセスが増えています。

また、私が担当したオウンドメディアは、一般のお客様へサービスを提供させてもらうためのオウンドメディアだったので、相談・依頼も受け付けていたのですが、フォームと電話で毎日相談・依頼がコンスタントにくるようになりました。

相談・依頼合わせて月間300以上のCV(コンバージョン)を獲得できるまで成長させる事ができたので、やはりオウンドメディアの成長時期に合わせた対策をきちんと行うことで、最大限の成長率を叩き出せることがわかったんです。※月間のCV数は見込みも含めての件数になります。

成長時期によって対策することは、地道で煩わしいと思いますが、一つ一つ丁寧にこなしていくことで、その結果がきちんと表れてくれます。

あなたもオウンドメディアの成長を考えているのであれば、長い目を持って一つ一つ丁寧にこなしていくのがオススメです。

オウンドメディアの成長を子供の成長とイメージしてもらえると、愛着も生まれて、たった1mmの成長でも喜べるようになるので、ぜひあなたも自分が担当しているオウンドメディアの成長を喜べるようになってもらえたらと思います。