コンテンツマーケティングの文字数、最低ラインは2,000文字から?理由を解説。

  • 更新 | 2019.11.02 公開
コンテンツマーケティングの文字数、最低ラインは2,000文字から?理由を解説。

コンテンツマーケティングに成功すると、継続的に集客を獲得でき、それに比例して利益も増えていきます。

やることはコンテンツマーケティングの思考に沿ってコンテンツを作り続けること。

しかし、どのくらいの文字数でコンテンツを作ればいいか判断つきにくい…。

文字数に関しては、集中したいキーワードでは1万文字以上を基本にして、その他は2,000文字以上と5,000文字以上に分けて私は制作しています。

コンテンツマーケティングの文字数の目安について、どのように考えたらいいのか、私と一緒に見ていければ嬉しいです。

コンテンツマーケティングの文字数の目安

コンテンツマーケティングで注力すべきはコンテンツの内容。

コンテンツの良し悪し次第で、ユーザーがあなたのサイトを気に入ってくれて信用を感じてもらえるか、または嫌われて二度と来ないかが決まるといっても過言ではありません。

しかし、コンテンツの内容、つまり文章として文字数がどのくらいあれば効果的か、目安はなかなか分からないものです。

「文字数は多すぎてもダメ」
「文字数は少なすぎてもダメ。」

こういったことが言われていますが、その判断基準はどうすればいいの?と疑問に思いますよね。

文字数が何文字あればいいのか、このような考え方をしてしまうと、全てのコンテンツで同じように決まった文字数になるまで書こうとしてしまいますが、その対応はあまりよろしくありません。

まずは、あなたがコンテンツを作る際、どのようにして文字数の目安を考えればいいのか、以下の表を見てもらえればと思います。

キーワード(第1)キーワード(第2)文字数目安詳細
コンテンツマーケティングとは10,000文字以上コンテンツマーケティングに関連する情報が多数あるため、それらを説明するためには、文字数が必然的に多くなる。
(Googleサジェストの量が多い)
コンテンツマーケティング事例5,000文字以上コンテンツマーケティングの事例に関する情報、信憑性を出すために、たくさんの事例を掲載すると、必然的に文字数が多くなる。
(Googleサジェストの量は普通)
コンテンツマーケティング記事数2,000文字以上コンテンツマーケティングの記事数以外には発展性が少なく、記事数に関しての情報のみでも十分なので、文字数は少なくても済む。
(Googleサジェストの量は少ない)
※ サジェストとは、Googleで検索する際に、キーワードを入れると予約変換で出てくる言葉を指します。それらのキーワードは、入力したキーワードに関連性の高い言葉となる。

補足の説明や、関連する情報も一緒に説明しなければ、該当のキーワードに関する説明が十分に行えない場合だと、必然的に文字数が多くなる傾向がある。

一緒に説明しておくべき補足・関連情報が少ない場合は、キーワードに対しての説明だけをすればいいので、文字数は少なくて済む傾向がある。

サジェスト数が多ければ説明が多くなる=文字数が多くなる
サジェスト数が少ないと説明は少ない =文字数は少なくなる

あなたがコンテンツ化したいキーワードに対して、どのくらい関連する情報が「有る」のか「無い」のか。

これが、文字数を検討するための1つの目安だと考えています。

全てのコンテンツを同じ文字数で考えるべきではない

「文字数は2,000文字以上!」
「5,000文字以上が基本!」

何文字書けばいいか、文字数に関しての情報はたくさん出回っています。

特にSEOやコンテンツマーケティングに関連した情報を探すと、文字数に関しての情報を必ず目にすると思います。

しかし、それらの情報には、どんな条件でどんなキーワードを選んだ時に何文字書けばいいか書いてあればいいですが、単純に全てのコンテンツに対して同じ文字数が必要だと書かれていたら、ひとまず疑ってみましょう。

そもそも、コンテンツはユーザーのために存在しているものであり、キーワードそれぞれに対してユーザーが求めている情報は違うので、均一した文字数のルールは当てはめにくいんです。

だからこそ、コンテンツによって必要な文字数は、変わることを覚えてもらえると嬉しいです。

基本の文字数は2,000文字から

コンテンツごとで必要な文字数は変わっていきますが、私自身コンテンツを作り続けてきて、ある一定の文字数以上あれば、テーマにした内容の十分な説明ができる量だと思える文字数があります。

それが、2,000文字。

補足や関連する情報がそこまでなければ、1つのテーマに対して少なくもなく、見た目的にも内容的にも十分に説明できるのが2,000文字以上になります。

私の中では基本、この文字数をベースにしてコンテンツ化しています。

文字数を気にしているあなたへ

文字数をどのくらい書けばいいのか、どの量で書けば一番効果が高いのか。

これは、コンテンツ作りのプロであっても判断は難しいかもしれません。

コンテンツマーケティングでは、ユーザーの心をいかに掴むかが重要になるため、丁寧な説明となり、文字数も多くなりやすいです。

しかし、文字数ばかりを気にしていると、コンテンツマーケティングの本質的なことでもある、ユーザーのためのコンテンツであることを忘れて、無駄に文字数を増やしてしまう場合もあるため、基本文字数は気にしない方がオススメです。

一番は、ユーザーに気持ちよくコンテンツを見てもらうこと。

これを意識してコンテンツ作りをしてもらえると嬉しいです。

最新の記事