コンテンツマーケティングで競合と「差別化」できる3つの理由

  • 更新 | 2019.11.07 公開
コンテンツマーケティングで競合との「差別化」できる3つの理由

あなたがビジネスを推し進めようとているのに、

  • 競合やライバル企業が増えてきた
  • 他社とサービス的に違いが出せない
  • 売り上げが下がってきた

など、成長を遅くさせる要因が周りにいっぱいあるかもしれません。

そんな中、コンテンツマーケティングを活用すると、競合との差別化ができることで、成長を加速させることができるようになります。

なぜコンテンツマーケティングは差別化に有効なのか、私と一緒にその理由を見ていければ嬉しいです。

コンテンツマーケティングで差別化ができるとは?

コンテンツマーケティングは、情報を求めているユーザーさんに対して、120%以上の満足を得られる情報を無料で提供する施策です。

やり方としては、コンテンツと呼ばれる、特定のテーマに対してユーザーさんが求めている情報を、分かりやすく価値があると思わせる形に成形し提供します。

コンテンツを見た方の心に、少しずつ信用という名の、あなた(自社)に対してのポジティブな感情を増やしていく。

そして、ポジティブな感情を高くしていき、あなた(自社)に対して感じてる心理的ハードルを下げた状態を作ることで、目的としている相談・依頼・申込などの行動へ移行させやすい状態にしていきます。

この過程で、ユーザーさんの中には、他にも同じようなサービスや商品があるのにも関わらず、あなたのサービス・商品を選んでくれる状態を作れるということは、競合他社と大きな差別化ができているということです。

コンテンツマーケティングでは、具体的にどんな差別化ができるのかを、見ていければと思います。

コンテンツマーケティングで競合との差別化ができる3つの理由

「他社との差別化を作れ!」
「差別化できるポイントをアピールしろ!」

ビジネスをしている方であれば、必ずこのような発言を聞いたことがあると思います。

差別化ができると、競合との違いによって、あなた(自社)のサービスや商品を選んでもらいやすくなります。

しかし、今の世の中を見渡せば、同じようなサービス・商品が多いのが見てわかると思いますが、そういった中でもコンテンツマーケティングを活用することで、競合との差別化を作ることができるようになります。

それでは実際に、コンテンツマーケティングが生み出す3つの差別化ポイントを見てみたいと思います。

1つ目:価値ある情報で信用を作る

コンテンツマーケティングでは、ユーザーさんに対して、どれだけ価値ある情報を届けられるかが鍵です。

  • ユーザーさんが欲しい情報を提供
  • ユーザーさんの状況にあった情報を提供
  • ユーザーさんが求めていた以上の情報を提供

全て、ユーザーさんが求めている、または求めている以上の情報を提供していくことで、あなたのコンテンツに対しの信用を増やしていきます。

コンテンツに対しての信用は、そのままあなたの会社や事業への信頼へと代わっていく。

サービスも商品も似たようなもので溢れている現在、厳密には違うと思いますが、どこも一緒だと思われている中、信用が積み重なることで、相手の選ぶ選択肢にあなたのサービスや商品が先に浮かぶようになります。

誰もが何かをする時、失敗をしたくないと思っている。

必ず不安があるので、少しでも信用がある方へ頼む。

これをコンテンツマーケティングによって増やすことができるため、競合との差別化を作ることにもなります。

2つ目:継続的な顧客との接点が作れる

コンテンツマーケティングでは、継続的にコンテンツを作っていきます。

なぜ継続的にコンテンツを作っていくのかというと、例えば差別化の情報を知りたい方がいた場合。

  • マーケティングで差別化
  • SEOで差別化
  • イラストで差別化
  • デザインで差別化
  • システムで差別化

など、いろんな差別化に関して情報を検索した際に、毎回あなたのコンテンツと遭遇したらどうでしょうか?

何かの情報を探すたびに出会うことで接触回数が増え、ザイオンス効果と呼ばれる単純接触の多さによる好意的な感情を芽生えやすくさせます。

これは人間の出会いにも同じことが言えて、1回しか会ったことがない人よりも、50回も会っている人の方が信用できませんか?

50回も会っているということは、その人に多少の好意を持っていなければ、事情がないのにわざわざ会ったりしないのと同じ。

ユーザーさんが求めているコンテンツをたくさん作ることで、継続的な接点を作ることができ、あなたのサービスや商品に対しても愛着や好印象が生まれることで、売り上げが上がりやすくなります。

3つ目:心理的ハードルを下がる

誰もがインターネット上の情報には警戒心を持っています。

しかし、何回もあなたのコンテンツを見てくれたり、中身に満足して好印象を持ってくれることで、信用が高まっていきます。

徐々に警戒心がなくなっていき、何かを選ぶということへの心理的ハードルを下げることによって、あなたのサービスや商品が選ばれやすくなります。

コンテンツマーケティングによって高められた信用が、売り上げや利益にも繋がる。

競合がたくさんいる状態だと、ユーザーさんの中の選ぶ選択肢にも入れないため、選ばれるようになるための心理的ハードルを下げる(選択肢に入る確率を高める)効果は、大事な差別化となります。

差別化をしたいあなたへ

コンテンツマーケティングによって得られる差別化とは、エンゲージメント(ポジティブな印象や信用)が増えることによって、選ばれる確率を高める効果に他なりません。

サービスの内容や商品の品質自体は、そこまで大きな開きが各社ないため、どれを選んでも同じだと思われてしまっています。

そういった状態の中でも、コンテンツマーケティングを活用することによって、あなたのサービス・商品を「選びたい!」と思える、ポジティブな印象の蓄積は、他社との決定的な違いを生むポイントでもあります。

ぜひコンテンツマーケティングを活用し、エンゲージメントを高めて、差別化を生み出すことにより、売上・利益の増大を目指してみるのがオススメです。

最新の記事