『やることがない』ならブログを勧めたい理由【状況別に解説】

  • 更新 | 2020.01.19 公開
『やることがない』ならブログを勧めたい理由【状況別に解説】

『やることがない』のであれば、僕はあなたにブログを勧めたいと思っています。

学校や仕事のあと、せっかく時間がある休日でさえ、やることがないと思ってしまう。

「家にいるなら手伝いなさい!」
「夢中になれるものを見つけなさい!」
「趣味を見つけなさい!」
「時間があるなら勉強しなさい!」
「時間があるなら働け!」

それは上記のように、やることがない=悪である事かのように、今まで教えられてきたんじゃないでしょうか?

他には「やる気がないだけでしょ?」「ほんとあなたって使えない」このような、あなた自身の人格を否定されたり、命令形の言葉を受けてきてはないですか?

やることがないと思ってしまうのを、全部自分のせいにしてしまうのはダメ。

何かに夢中になれれば、それに越したことはないですが、まずはあなたがほんの少しでも、一歩前に進む事ができるよう、ブログの良さについて私と一緒に見ていければと思っています。

この情報が少しでも役に立てれば嬉しいです。

やることがない「中学生」は何をしたらいい?

中学校では、何も部活に入っていない場合、あとは帰って友達と遊んだり、ゲームをしたり、自分の好きな事に時間が使えると思います。

しかし、時間があると言っても、お金がない。

アルバイトができるわけでもない、お小遣いやお年玉はもらえるけど、そんなの好きなもの買ったらすぐに無くなってしますよね。

中学生は、本当は大人に負けないくらい考えも深く、行動力もあるのに、経済的な理由で行動に制限がかかっている。

発想も柔軟で、例えば大人が10時間かかる学びも、1時間で習得できてしまったり、才能が溢れているのにそれが発揮できていないんじゃないでしょうか。

小学校とは違い、どんどん周りとの差を感じたり、体も心も発達する時期なので、何かのパワーに溢れている。

そんな力に溢れている時期に『やることがない』と思ってしまうのは、あなたのせいではなく、あなたの力が発揮できる環境が整っていないだけ。

この状態を少しでも変えるのであれば、ブログがおすすめです。

ブログは、長く運営しているほど、評価が高まり、たくさんの人が見てくれるようになります。

今現在、周りのみんながツイッター・インスタグラム・tiktokに熱中しているかもしれませんが、最先端のSNSはその後、人気が落ち着いていったり、新しいSNSがどんどん出てきます。

人気な人も、それを継続して保っているのは難しい。

そんな状況の中、あなたの周りにブログをしている人はいますか?

中学生で、自分の力だけで親に頼らずお金を稼げるのって、かっこよくないですか?

それが1000円でも100円であったとしても。

今後は、会社に所属せず個人でどうにか稼ぐ流れがどんどん加速していきます。

親にも頼らず、アルバイトなどで、どこかの企業に所属することなく、あなたのペースで、自分自身の力だけで稼いでいけるのがブログ。

ブログで稼ぐために学校行かない、このような考えはダメですが、基礎教育を学んだ上で、中学生のうちからあなた自身が自信を持って発信できる情報を見つけおく。

文章を書くことも、この先必ず人生の役に立ちます。

  • 誰かと違う事がしたい
  • 自分の力を試したい
  • 親に頼らず生きたい
  • もっと色んな人に自分を知ってもらいたい

こういう想いがあるあなたなら、中学生だとしても、ブログをぜひオススメしたいです。

やることがない「高校生」は何をしたらいい?

高校生のあなたが、何もやることがないと思っているなら、ブログがお勧め。

やることがないから、アルバイトを始める場合も多いかもしれませんが、人と話したり、コミュニケーションがうまく取れずに、悩んだりしたことはありませんか?

高校生は、体も心も、この時期にすごく成長していきます。

見た目が急に気になったり、女性・男性を意識しだしたり、周りの目が気になったりと、急激な体と心の成長によって、自分自身の感覚も敏感になりやすくなる。

また、友達と一緒にいれば何だってできる感覚、自分への自信なども出てくる時期。

そんな多感な時期を、何もせず過ごすのはもったいないと思います。

「自分の時間をどう使おうが、私の勝手でしょ!」と言われてしまうかもしれませんが、そのあり余るパワーは、大人になった時と種類が全く変わってくる。

社会人
→お金を稼ぐ事に力が注がれる

高校生
→自分に興味のあることに力が注がれる

社会人になってからも、興味のある事に力は注がれますが、そのほとんどがビジネスやお金や人生を生き抜くために発せられる力です。

しかし、高校生の時期のパワーは、まだお金に貪欲な姿勢を見せない、クリーンな感覚のまま発せられるパワー。

そのパワーはブログと非常に相性がいいんです。

また、ブログは『相手の立場』になってモノゴトを考える必要があるのですが、お金の事を最優先に考えない感覚でブログを書くほど、『相手の立場』になれる。

それが、よりユーザーさんを引きつけるブログを書ける条件でもある。

この感覚ほど、社会人になって強みにあるものはありません。

それを高校生の時期から身につけているのは、正直ものすごく貴重な存在だと思います。

だからこそ、あなたにブログをお勧めしたいです。

やることがない「大学生」は何をしたらいい?

大学生からでも遅くはありません、ぜひブログを始める事を考えてみてほしいです。

中学生や高校生とは違い、大学生は自分の時間やお金を、自分の意思でどう使うか決められる事が多くなる。

特に、アルバイト時間が増え、より多くのお金が手に入れられるようになります。

しかし、たくさんお金を得られたと思っていても、アルバイトなど誰かに雇われて行う仕事は、自分で働いて得たはずの売上・利益の数%しか、お給料としてもらえていません。

仕事をして100の利益が出ても、10(仮)の利益しか受け取れない。

雇われて仕事をする場合、これは避けられない宿命です。

雇ってもらうことで、

  • 働く環境をすぐ用意してもらえる
  • 働く事の大切さを学べる
  • ノウハウを学べる

学べるものは多いが、仕事の対価を金額でみた場合、やはり少ないのが正直なところ。

そこに気づいた大学生は、早い時期から自分の経験・体験・知識といった情報を、ブログを通して発信して、収入を得ています。

「え、けどブログって文章書いてめんどくさいでしょ?」と思うかもしれませんね。

確かに「やることがない」からと言って、めんどくさいことはしたくないのが本音だと思います。

しかし、本格的に社会人となる前に、企業に頼らない収益軸を作っておくと、非常に助かります。

大手企業に入れた
→会社の歯車の1部としてつまらない仕事ばかりのため退職

ベンチャーに入れた
→こき使われすぎて体を壊し退職

望んだ企業に入れた
→パワハラ上司がいて退職

滑り止めで受けた企業に入った
→社内のメンバーとの人間関係に疲れ退職

大学卒の3年以内の離職率は、厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」の資料だと、企業の規模にもよりますが、平均して20〜60%くらいが退職している状況。※ 参照:厚生労働省の新規学卒者の離職状況

面接では良い事を言ってた、社内の雰囲気はよかった、先輩が優しそうだった。現実は、パワハラやセクハラもあり、会社の将来性に不安を感じる事が多くなっていき退職。

せっかく大卒で入社しても、10人が入社すれば、3年以内に2〜6人は辞めている結果が出ているので、就職に対しては不安しかない…。

そんな状況を回避するには、いつでも会社を辞めても大丈夫なように、別の収入源を作っておくことです。

やることがないのであれば、ブログがあなたの強い味方となってくれるため、会社からの給料に頼らずに済むブログを今のうちに作っておくのがお勧めなんです。

やることがない「主婦」は何をしたらいい?

普段からお忙しくされている主婦のあなたに「やることがない」という言葉を使うこと自体、あまり相応しくないとは思うのですが…もし、少しでも時間が取れるようであれば、ブログを勧めたいです。

あなたが毎日している、

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理

などの家事全般や、もしお子さんがいる場合は、育児などもプラスされて、相当苦労されていると思います。

そのため、主婦のあなたは「やることがない」のではなく「他にやるべきこと」があり、自分のために時間を回せられない状況。

大変な状況にも関わらず、やることを見つけようとしているあなたは、ものすごく前を向いて行動されていて、本当に尊敬します。

今は身の回りで忙しくて、何も手がつけられなくても、いずれは何かをしたいと思っているあなたも同じ。

なぜ私が、忙しい主婦のあなたにブログを勧めたいかというと、今大変な時かもしれませんが、その経験はすごく貴重なものであり、他人がお金を出しても手に入れたいと思うノウハウや特別な情報なんです。

例えば、時間がない中でも掃除をする方法、料理をする方法。

他にも、子育ての過程は、ご家庭それぞれで違うので、絵日記にしたり、日々変わるお子様の成長日記などにも、需要があります。

インターネットが発達した現在、情報はお金になります。

それも、個人の体験・経験・知識など、その人しか持っていないただ1つの情報に価値がある。

大変な時間を過ごすということは、特別な体験をしている事でもあり、あなたの中に貴重な情報を溜め込んでいるのと同じです。

その情報をブログへ書き、その情報が欲しい人たちを集める事で、ブログで収入を得られるようになります。

主婦なのにブログなんかでお金稼いでいいの?と思うかもしれませんが、全く問題ありません。

逆に、主婦のあなただからこそ、ブログで収入を得てほしい。

今現在、旦那さんの収入だけに頼っていて、少し引け目を感じていたり、以前キャリアウーマンでバリバリと働いていたのに、お子さんが生まれたのをキッカケに一時的に戦線を離脱されている場合もあるかと思います。

そんな中でも、普段している事が貴重な情報となり、ブログとして世に出す事で収入へと変わる。

こんなにあなたを輝かせることはないと思います。

また、周りに頼らず、あなた自身のブログで収入を増やしていけるので、自分で使えるお金も増えていく。

新しいお化粧道具を買ったり、ちょっと高めのパックを買ったりと、自由に使えるお金も増えるので、人生も楽しくなると思います。

無いとは限らないのですが、旦那さんが職を失ったり、健康を害して収入が得られなくなった場合なども、ブログをしておく事で、いきなり収入が減ることも防げたりする。

主婦のあなたは輝ける。

だからこそ「やることがない」と思っているあなたには、ブログを勧めたいです。

『やることがない』ならブログを勧めたい理由

「やることがない」と言うと、

  • 暇つぶし
  • 休日の時間を持て余している

こんな事が想像できますが、「何かをしたい」と思っているけど「何をしていいか分からない」、だからやることがないと勘違いしてしまう。

本当は、これなんじゃないかな?と、私は思っています。

他にも、何かをするのにお金が大きくかかり、お金が使えないからやることがない。

そう考える場合もありますが、周りを見渡せばお金なんて無くてもやれることはたくさんある。

「やることがない」と検索できているだけで、あなたはスマートフォンやパソコンが使えているはずなので、生活に必要な最低限のものは揃っている状態。

その状態であれば、ブログがかけます。しかも無料で出来てしまいます。

私が「ブログ、めちゃいいよ!」と言ったとしても、自分が本当に行動してまでブログができるかは違いますよね。

何か行動を起こすきっかけは人それぞれ。

誰が何を言っても、やっぱり自分のタイミングで行動しなければ、続きもしません。

例え、それが本当にいいものであってもやらない。

だって人間は感情の生き物だから。

  • 上から目線で何か言われるとやりたく無くなる
  • 自分の時間は自分が決めて使いたい

これも感情が左右しています。

しかし、あなたがブログをやることで出来る事が増えていきます。
行動した事で何かが変わっていきます。

たった3行の文章でもいいです。
小さな「出来た!」を増やしていく事でもっと大きな「出来た!」が作れていきます。

今あなたが行動した事で、明日にはブログで得た広告収入が1円入っていたとしたら、たった1円かもしれませんが大きな一歩です。

やることがないと思っていたのに ちょっとの行動であなたの力で1円が稼げた。

これって、すごくないですか?

「ただ時間を過ごすのはもったいないよ!」と言われても、結局自分の中で何か行動を起こすキッカケがないと動けないもの。

だからこそ、この記事で、あなたにブログを書いてもらえる気持ちを、少しでも芽生えてもらえると嬉しいです。

最新の記事