コンテンツマーケティング実践後、わずか半年で閲覧数が10倍にできた理由

  • 更新 | 2019.11.03 公開
コンテンツマーケティング実践後、わずか半年で閲覧数が10倍にできた理由

コンテンツマーケティングの効果がわからず、導入に躊躇されている場合は、ぜひ導入をオススメしたいです。

私が仕事で携わっているマッチングサイトでは、コンテンツマーケティング実践後、わずか半年で閲覧数を10倍にすることができました。

もしあなたが、閲覧数を伸ばすための方法を探しているのであれば、コンテンツマーケティングの効果を知ってもらいたいと思っています。

コンテンツマーケティングが閲覧数に大きく影響する事例

コンテンツマーケティング実践後の閲覧数
時期月間PV平均月間CV平均詳細
約8,0000
約12,000約25コンテンツマーケティング開始
約110,000約250コンテンツマーケティング実践から半年
約150,000約320

上記のグラフは、私が仕事で携わっているマッチングサイトのPV遷移グラフになります。

①の時期は全くコンテンツマーケティングを行っておらず、②の時期からコンテンツマーケティングを開始。

そして、閲覧回数が約8000だったものが、半年後には約110,000にまで閲覧回数を増やすことに成功しています。

①の時期もコンテンツを作っていましたが、SEO重視&コンテンツ制作を外注して作っていました。

②の時期からは、完全内製として私1人でコンテンツマーケティングを開始。

しかも、コンテンツマーケティングの「コ」の字も知らない中で、見様見真似でコンテンツマーケティングを行い、半年で10倍に閲覧数を増やせたため、コンテンツマーケティングのコツさえ分かれば、誰でも閲覧数を伸ばすことができるのかと思っています。

初心者でもできたコンテンツマーケティングについて
PVが46倍!コンテンツマーケティングの成功事例【初心者の苦悩と結果】

なぜコンテンツマーケティングが閲覧数に大きく影響するのか?

コンテンツマーケティングでは、顧客となる、または顧客となる前のユーザーさんたちへの深い理解から始まります。

例えば、記事の書き方を知りたい方に、ミカンの話をしてしまう。

これは極端すぎる例ですが、コンテンツを届けたい、見てほしい方のことを知らなければ、全く見当違いな話をしてしまう可能性があるということ。

インターネット上に掲載されているコンテンツ(情報記事)には、こういったことが頻繁に起きています。

あなたのコンテンツが閲覧数の上昇に悩んでいるのは、もしかしたらこの部分、顧客への理解が足りない可能性があります。

私が半年で10倍の閲覧数に増やせた理由も、ここが大きく影響しています。

もし自分たちの目的である閲覧数の向上を先に考えてしまった場合はどうなる?

コンテンツマーケティングを簡単に略すと、コンテンツによって相手の信用を得て、自分たちの目的へ誘導される施策となります。

つまり、

1番目:検索して見にくれるユーザーさんに満足を感じてもらう
2番目:満足を感じてもらって信用を作り出す
3番目:信用を高めて自分たちの目的へ誘導する(登録・申込など)

もし先に、自分たちの目的を先に考えてコンテンツを作ってしまうと、不純物がたくさん入り込んでいる状態となり、ユーザーさんの満足が得られず信用も高まりません。

検索して見に来てくれるユーザーさんのことを一番に考えることが、結果的に自分たちの目的達成への近道なんです。

顧客への理解がなぜ閲覧数を高めるのか?

コンテンツマーケティングでは、ユーザーさんのための情報を作るだけでなく、ユーザーさんに情報を自分事化して見てもらう考え方も入っています。

例えば、毎日残業をしてまでやっているのに、なかなか成果が出ず、上司にも怒られて、どうにかして閲覧数を高めるノウハウを知りたい人がいた場合。

例1:コンテンツマーケティングを行うと閲覧数が高まります。
例2:コンテンツマーケティングでは、たった3つの施策を取り入れれば、閲覧数は半年で10倍にもなる。

両方とも、コンテンツマーケティングが閲覧数に関係することを示してくれています。

しかし、例2の方がユーザーさんを理解しているため、いくつの施策を取り入れてると、結果的にどのくらいの効果が見込めるのか具体的に示してくれているので、例2の方が自分にとって必要な情報だと感じやすくなり、さらに詳しく見ようとしてくれます。

顧客を理解すると、その人に対してピンポイントな情報や言葉遣いをすることができ、ユーザーさんの目的とあなたのコンテンツのマッチング度を高めることができるんです。

コンテンツに満足してくれた場合、リピートしてくれたり、サイトの中を回遊して色々なページを見てくれたりと、閲覧数をどんどん高めてくれます。

顧客への理解、つまりコンテンツマーケティングがきちんと行えれば、閲覧数は自然に伸びていくということです。

閲覧数を増やしたいあなたへ

閲覧数が増えるということは、ユーザーさんの気持ちに応えられているという事。

逆に、閲覧数が伸びていないのであれば、気持ちに応えられていないという事。

結果としてはシンプルです。

もし今、閲覧数の伸びに悩みを抱えているのであれば、改めてコンテンツマーケティング(顧客への理解)を取り入れて、ユーザーさんの満足や信頼を勝ち取るにはどうすればいいのか、コンテンツを改良してみましょう。

どんなことでも、一気に何かが改善することは少なく、コンテンツマーケティングも徐々に効果が現れるものです。

コンテンツマーケティングを取り入れても、なかなか閲覧数をすぐに増やせませんが、ユーザーさんの気持ちに応えられるコンテンツを作り続けていけば、きっと認められて閲覧数という形で、あなたに返ってくるはずです。

ぜひ楽しんで、ユーザーさんのためのコンテンツ作りをしてもらえると嬉しいです。

最新の記事