なぜブログで収入を得られるのか?”ビジネスモデル”を考えてみる

  • 更新 | 2020.02.16 公開

ブログで収入を得るためには、あなたのブログにアフィリエイトやアドセンスを貼り、クリックした又はクリックした先のページで商品が買われた場合、成果報酬が発生して収入となります。

そして、収入が発生する流れや仕組みのことを、ビジネスモデルと呼びます。

あなたが行なっている、ブログで使って収入を得る流れも、実はビジネスモデルの1つ。

ビジネスというと、何か大ごとのような印象を持ってしまうかもしれませんが、ビジネスは何も、大きなお金を稼ぐためのものだけではなく、ブログで得られる収益もビジネスと同じ。

「自分は趣味で書いてるんだけど…。」という場合でも、ブログで収入を得ているのであれば、それは立派なビジネスです。

なぜブログでお金が稼げるのか、この原理を知ることで、もっと稼ぐブロガーさんにもなれるため、必要な情報を私と一緒に見ていければ嬉しいです。

ブログでお金が稼げる根本的な理由とは?

お金を稼ぐためには色々な方法がありますが、ブログはその中でも手軽に始められてお金が稼げる方法の1つ。

お金を稼ぐためには、

  • 人を相手にすること
  • その人に価値を提供すること

この2つが大きく影響してきますが、ブロガーさんにとっては非常に恵まれた環境がすでに整っています。

人を相手にすること
→Googleの検索システムをみんなが使っている、しかも使いやすい。

その人に価値を提供すること
→持っている独自ノウハウや知識を情報化しやすい

たくさんの人がいる場所で、自分の中に蓄えてきた、独自の経験や体験という情報がお金になる。

つまり、ブログで収入を発生させる根本的な要素は『情報』であり、その情報と人を繋げてくれるGoogleというネット上の大きな図書館(別名:プラットフォーム)があるからこそ成り立つビジネスモデルです。

文章やデザイン、選ぶテーマも大事ですが、そもそも情報がお金になることを理解すると、なんとなくブログでお金が稼げるイメージが沸いてくるかもしれません。

ブログのビジネスモデルとは?

ブログを書くと、なんでお金が得られるのか、その仕組み(ビジネスモデル)を見てみたいと思います。

見てもらいたいのが、広告を掲載するビジネスモデル。

広告?と聞くと、会社の宣伝がされている看板、テレビを付けると企業のコマーシャルのことを思い出すかもしれませんが、まさにこれが広告です。

広告とは、スポンサーさんがアピールしたい情報そのもの。

広告=宣伝と思ってもらうと分かりやすいかもしれませんね。

この広告をブログに貼り付けると、収入を得ることができるので、その方法をもう少し詳しく見ていきたいと思います。

広告を掲載する

ブログで扱う広告とはネット広告のことで、以下の2つが広告に該当します。

アフィリエイトと呼ばれる、クリックした先のページで購入または加入された場合など、成果報酬という形で収益が発生するもの。A8ネット(ASP)など、広告掲載企業を集めてサービスを提供してくれる会社があります。

アドセンスと呼ばれる、Googleが代わりに広告主を集めて、その広告を簡単にブログに掲載できるようにしたサービスで、クリックされることで成果報酬が発生する形。

どちらもネット上の広告です。

広告では、大勢の方に見てもらう必要があり、広告を掲載する側(ブロガーさん)は無料で広告を掲載できるシステムなので、こんなにも広まっているんです。

もし、広告を掲載する側で、掲載料を取られてたら、こんなには広まっていません。

広告の種類によっても発生する金額は異なり、アフィリエイトだと数千円〜数万、アドセンスだと数円〜数十円。

大きく収入を得られるのがアフィリエイトの方ですが、その分難しいです…。

アドセンスの場合は難しくはないのですが、その分金額が小さいので稼ぎ辛い…。

どちらを選ぶかで、ブログで得られる収入が大きく変わってきます。

まとめ

ブログのビジネスモデルは、広告によって成り立っています。

他にも、ブログで人を集めてセミナーを行ったり、オンラインサロンと呼ばれる月額制の塾で収益化している場合もありますが、基本は全て広告収入。

手軽に始められる分、競合となるブロガーさんも多いですが、数円だったとしても自分で書いたブログで収入が得られるのは、病みつきになりそうなくらい楽しいです。

ぜひあなたにも、ブログをオススメしたいと思います。

最新の記事