会社が合わないと思ったら確認したい10のサイン

  • 更新 | 2022.07.23 公開
今の会社が合わないと思ったら確認したい10のサイン

仕事内容や待遇はまぁまぁだから続けている。

だけど毎日「これじゃない」感をずっと感じていませんか?

やりたい仕事であっても、人間関係が良かったとしても、会社には独特の雰囲気があって、合う合わないはやはり存在しています。

もし、今の会社が合わないなと思ったら確認したい10個の心と体に現れるサインをまとめてみました。

合わない会社に居続けても辛くなるだけなので、異動や転職などを考えるキッカケにしてもいいかもしれません。著者:osugi

1. かなりの頻度でお腹を壊す

普段は何ともないのに、仕事へ行く日に限ってお腹が痛くなってしまう。

トイレから離れられないため家から出るのが遅くなって遅刻をしたり、電車を途中で降りて休んだりと、お腹の痛みによって出社が安定しない。

職場がまだ、そういった体調不良に寛容であればいいですが、他人を監視するのが好きな人がいたり、減点方式で評価する社内雰囲気があると、だんだんと冷たい目線を浴びることもあります。

周りの目が厳しくなっていくほど、さらにお腹の痛みは突然ではなく頻度の多い日常になっている場合は、今の会社が合わない可能性は高いと言えます。

2. 気づいたら会社の愚痴ばかりを話している

同僚と話してて、または家族に対して仕事上の不満は伝えていたものの、最近は「そもそも~」と会社の愚痴や批判を繰り返すようになっている。

特定の対象ではなく、会社という全体が対象になってきた場合、それは辞める人たちと同じ思考になりつつあると言えます。

会社(社長)批判をしても、結局何も変わらない、変えられないと悟った瞬間、気持ちの糸がぷっつりと切れる。

普段から批判している会社に、自らも居たくない思考になるため、どんどん退職行動は進んでいく前兆です。

3. 上司との目標設定が自分事にならない

仕事をする上で、難しいけど大事なのが個人目標の設定であり、これがお給料へダイレクトに反映されてきます。

頑張れば、成果を出せれば、当然給料へ大きく上乗せされますが、上司との目標設定で必ずと言っていいほどひと悶着がある。

たとえばあなたがやりたいことと、上司が頼みたいことは一致することは少なく、ここでどちらに合わせるか?という話にはならず、大抵は上司都合または会社都合の目標が押し付けられます。

中には本人のやりたいことと連動する目標設定をしてくれる上司もいますが、難しいポイントで目標設定がうまい上司が世の中間管理職の中には少ないのが現実。

結果として「やらされている感」のある目標で、モチベーションも沸かずに他人事の目標を頑張るものの、結果が出ないため給料にも反映されない。

目標設定とあなたのしたいことが連動しておらず、毎回モヤモヤした上司との面談を繰り返している場合は、上司が悪い!とも言えますが、会社の方向性と合っていないと言えます。

4. 家に着いたら疲れてすぐ寝てしまう

いつも仕事量が半端なく多い、または一つ一つの品質を求められているからこそ時間がかかる。

出社して、仕事して、帰ってきて、もうそれだけで毎日体力の限界。

家に帰って食事もとらず、お風呂にも入れず、そのままいつの間にか眠ってしまう状況が続いているようなら、確実に心と体に負荷がかかっている証拠。

会社・仕事が合わない、というよりも、無理して心と体を壊してしまう可能性が高いので、仕事をセーブできればセーブして、まずは環境を整える。

それが難しいなら転職のキッカケだと思って、行動を起こしていくのも一つの手です。

5. 最近は謝ってばかりだ

毎日誰かに怒られたり、ミスをして謝っている。

自分が悪い分にはまだ分かりますが、自分のせいではない他人のせい、または理不尽に怒られることが続いている場合は、職場か会社に問題あり。

たとえばクレームを受け付ける仕事であれば、怒られることが日常茶飯事ですが、普段の仕事で毎日怒られるような仕事はありません。

異常な雰囲気で仕事をしている可能性もあり、ヤバい職場に該当している場合も。

謝ってばかりだと思ったら、会社が合わないと思った方がいいかもしれません。

6. エナジードリンクが欠かせない

頑張らないといけない、なんとか仕事をこなさないといけない。

無理やり気持ちを奮い立たせたり、やる気を出させるために、負の気持ちからエナジードリンクを常飲しているようだと、無理をしている可能性大。

無理をしたくて、それでもパワーが足りないからエナジードリンクを飲んでいる、このようにやりたいからこそサポートに飲んでいる場合はいいですが、その逆だと負の連鎖が起こってしまいます。

いづれ体を壊して、そもそも働けなくなる可能性もあるため、エナジードリンクの常飲は心と体が危険な状態になっていることは理解しておくといいかもしれません。

7. よく周りから心配される

何も身に覚えがないのに、なぜだか周りからよく心配されている場合、嬉しい反面あなた自身が気づいていないくらい、顔や行動に出ている可能性も。

常に辛そうな顔をしていたり、強張っている。

自分が気づかないで、周りがよく気づいているのであれば、自覚症状がないため、さらに状況が悪化することも考えられます。

心配されるのは嬉しいですが、改めてあなた自身の状況理解を行い、自覚していくことが大事です。

8. なぜだか涙が出てくる

何もしていないのに、どうしても泣きたくなってくる。

普段から感情を表に出せない方だと、ずっと我慢し続けたり、誰にも言えなかったり、言ったとしても本気で受け取ってもらえなかったりと、負の状態が続いていた。

もう心に溜められる負の感情の許容量がいっぱいで、限界を迎えています。

その状態を続けると、心に負うダメージが増えてしまって、メンタル不調に陥ってしまうため、早めの対処が必要だと言えます。

9. 過呼吸に一度でもなったことがある

いつも我慢しながら仕事をしていたけど、どうしても納得できないこと、辛いことが抑えきれない場合、過呼吸になってしまう場合もある。

誰か周りに助けてくれる人がいたり、話を聞いてくれる人がいればいいですが、誰にも頼れず話せずだと辛いだけ。

自分はそんなものならないと思っている人ほど、心に我慢を溜めこみやすく、一気に噴き出してくる可能性もあるので、かなりの確率で今の職場や上司・同僚から離れた方がよいかもしれません。

10. 食事を作る気力もなく週末は寝てばかりいる

せっかくの休日なのに、プライベートな時間を有意義に過ごすことも忘れて、ただただ寝ているばかり。

食事も作れず、何をする気も起きない。

普段から頑張り過ぎているおかげで、プライベートに対する気力が皆無になってしまっている状態です。

仕事だけの生活となり、それが心の変調をきたす原因にもなるため、休日の過ごし方が悪くなっていると感じたら、仕事の見直しが必要だと言えます。

心に変調をきたすか、体に変調をきたすか、二つに一つ。

10のサインを見て頂きましたが、他にも部屋が散らかって掃除もできないような状態も、心のダメージをかなり受けているせいで行動力も下がっている。

心と体は密接に繋がっているため、心がマイナスを帯びてくると、行動もマイナスを帯びていきます。

どちらかを治しても、どちらかが悪ければ、結局連動して悪くなっていく。

発言が、行動が、気持ちがマイナスに寄ってきた場合、会社が合わない可能性が高い。

転職・転社のキッカケだと思って、まずは転職サイトを眺めるだけでもいいので、行動に起こしていくのがオススメです。